さがら所長の あったか日記

福島市にあるリフォームのお店“ほっとリビング”の所長のブログ。http://www.hot-living.com/も遊びに来てくださいね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ポップティーンって雑誌知ってますか?

090628_1844~02

090628_1844~01

中学生の姪っ子から
「おじちゃんスゴイ!!!ポップティーンに載ってるよ!!」
何のことか分からずに
手渡された雑誌を見てみると
「やきとりじいさん、愉快でアガる?!」という見出しで
私のYouTubeの写真が載ってるではありませんか。。。。

姪っ子によれば、
この雑誌は、若い女の子がバイブルのように崇拝している雑誌だそうで、
そこに自分のメタボのおじちゃんの写真が掲載されちゃったもんだから、
さあ大変!
生まれて初めて、姪っ子に尊敬されてしまったわけであります。

それにしても“アガる?!”ってどういう意味?
スポンサーサイト
  1. 2009/07/15(水) 22:39:57|
  2. 自分のことシリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

わたしが鎌倉の骨董屋さんだったワケ

u_095.jpg

20歳から福島に戻るまでの7年間、私は鎌倉のミルクホールというアンティークショップ&カフェで働いていました。
http://www.milkhall.co.jp/

最近になって、あのときのことをよく思い出します。
なぜあの多感な時期に、縁もゆかりもない鎌倉という土地で、骨董品を扱うことになったのか?
なぜあのマスターやフミさんやソネ君たちと出会うことになったのか?
なぜあのベンチで、詩人の田村隆一さんと一緒にコーヒーを飲むことになったのか?

これまでは、「祖母が器好きだったから」。。。。と漠然と思っていましたが、
最近はなんとなく それだけじゃないような気がしています。


骨董屋さんの修行は、毎日“本物"に触れ続けることです。
不思議なもので、毎日毎日毎日“本物”を見ていると、自然と“贋物”がわかってしまうのです。
それは理屈や知識ではなく、直感のようなものなので、説明するのは難しいのですが、
第一印象で「こりゃインチキだな」と感じてしまうのです。
今でも『なんでも鑑定団』を見て、テレビ越しではありますが、約9割くらいの確立で値段も当てることができます。すいません、ちょっと自慢でした。


あの時期、たくさんの"本物”に出会いました。
ヒト、モノ、コト、海、歴史、美・・・・。

“本物”は、いつも静かでした。
  1. 2009/06/02(火) 23:52:07|
  2. 自分のことシリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

菜の花

DPP_0012.jpg

昨日は、商工会議所青年部(略称YEG)の定例会でした。
そのときに4月に駅前で行った「菜の花植栽」の写真をいただきました。

駅前のプランターに、メンバーで手分けしながら約300鉢の菜の花を植えました。
福島を訪れる方々に花の町をアピールしようという趣旨です。多分。。。。。

これが意外と面白かったんです。
土と植物に触っていると、なんだか夢中になれるというか、落ち着くというか。
ガーデニングに夢中になる気持ちが少しわかりました。

おっさんも少しずつ進化してるなあ。
  1. 2009/05/15(金) 16:10:52|
  2. 自分のことシリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

剣道で教わったこと

uchimura111.jpg

私は小学1年から高校3年まで剣道部に所属していました。
剣道を通して教わったことはいくつかあります。
その1つが「美しさ」です。

単純に言うと、剣道は相手の籠手(こて)、面、胴を打突して勝敗を決めるスポーツで、
3人の審判がそれを判定します。
先に2本とれば勝ちということになります。

しかしながら、ただ当たればいいということではなく、その技を繰り出すまでの距離(間合い)や発声(気合)、打ち終わった後の姿勢や態度(残心=ざんしん)までもが判定されます。

遠くから走ってきて、面と言いながら籠手を打ったり、当たったあとにガッツポーズをしたりしたら、いくら当たっていても審判の旗があがることはありません。

わかりやすく言うと、そこにフェアプレーの精神や負けた相手を気遣う気持ち、またそれまでどのくらい稽古をしてきたかということさえも推測され判定されてしまうのです。

極端な話、勝負の結果よりもプロセスを大切にしているということになりますか。
心と技の美しさを競い合う競技なのです。

相撲の朝青龍が異国の地でめちゃめちゃ頑張っているのにも関わらず、なんとなく好かれないのは、勝負に美しさを求める日本人のDNAがそうさせているからかもしれません。
  1. 2008/01/19(土) 13:19:31|
  2. 自分のことシリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

打ち合わせ

20080115213419
今、餃子の満腹さんで、大好きな友人たちと飲んでました。

たまちゃんとだいちゃんとまきちゃんは面白いニャー。

5月10日は何かが起きるぜ。(予告)

植松努さんという方がいらっしゃる予定です。
ロケットつくり教室も開催します。

植松さんブログ↓
http://myhome.cururu.jp/camuispaceworks/blog/
  1. 2008/01/15(火) 21:34:19|
  2. 自分のことシリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。