FC2ブログ

さがら所長の あったか日記

福島市にあるリフォームのお店“ほっとリビング”の所長のブログ。http://www.hot-living.com/も遊びに来てくださいね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夢果てしなく

先日、NHKスペシャルで冒険家・植村直己先輩の特集が放映されました。
日本を代表する冒険家の植村先輩がアラスカのマッキンリーで消息を絶って23年の月日が流れました。植村先輩遭難のニュースは、その当時まだ高校生だった私の心に、妙に引っかかるところがあって、今でも鮮明に覚えているのです。
どこか遠い所で起きた出来事でありながらも、何故か他人事でないような不思議な感覚が確かにありました。

私がその冒険家を“先輩”と呼ぶには2つの理由があります。
1つは出身大学が同じであること。
もう1つは、その生き方考え方に心底共感しているからであります。
番組の中で先輩が講演会をしている映像が流れます。
「人の生きる本当の価値は、お金や肩書きなどではなく、夢を追い求め一瞬一瞬を精一杯生きることにあります。」
植村先輩は、成功したとか失敗したとかいう結果よりも、そこへ向かう志の強さやプロセスこそが大切なのだと訴えていました。
また別の映像の中では「なんで俺はこんな辛いことをしてるんだろう?俺は自分に辛いことをしなけりゃ満足しない、生きている気がしないんだから、全く困ったもんだ。」というような意味のことを、極寒のテントの中でつぶやく場面もありました。
命の危険を冒してまでも精一杯“夢”を貫く先輩の生き方に、私は思わず手を合わせてしまいました。

植村先輩に久しぶりに(テレビで)会えて、私はお詫びすることばかりであります。
私はこのところ、ネオン街の冒険にばかり明け暮れており、先輩が教えてくれた「精一杯生きること」を「腹一杯飲むこと」と履き違えておりました。
こんな不肖の後輩が所長を勤めます“ほっとリビング”でありますが、植村先輩の背中を道しるべに、これからも一歩一歩“私たちの夢の頂”に向かって登っていきたいと思います。ありがとうございました。
9.jpg

スポンサーサイト
  1. 2007/03/22(木) 19:37:28|
  2. 発見したこと・感じたことシリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<自分の家だったら、どんな材料を使うだろうか?」 | ホーム | 金沢ネタを2つ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hotliving.blog63.fc2.com/tb.php/63-2e84a7e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。